SiteMap

七五三の写真撮影をプロに任せた方が良い理由

男の子

子供のこれまでの成長に感謝をし、これからも健やかに育っていくよう神に感謝しお祝いをする日である七五三。
七五三をお祝いするのは男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳という限られた時だけですので、親御さんにとっては記念に写真を撮影し、一生の記録として残しておきたいですよね。
しかし、そんな時こそプロに写真撮影をお願いすべき理由があるのです。

まずお子さんが綺麗な着物を着ている時間は七五三の11月15日の間で数時間という、本当に極わずかしかありません。
そんな時にお子さんを愛でることをせず、カメラ写りを気にしていて本当に後悔しないでしょうか?
写真は残っても、その時の記憶が「カメラをいじっていることだけだった」と嘆く親御さんは実はかなり多いのです。
また荷物が多くなってしまい、家族だけでなく他の参拝客にも迷惑をかけてしまったり、最悪の場合怪我をさせるなどトラブルの原因ともなってしまいます。
確かに自前で撮ってあげたいという気持ちは分からなくはありませんが、こういうときこそプロのカメラマンに撮ってもらう方が理想的と言えるでしょう。
お子さんは着慣れない服や草履などで非常にストレスがたまっています。
機嫌が悪くなってしまい、写真に写る顔が全て泣き顔や怒り顔だったということも少なくないそうです。
だからこそ、七五三の写真は写真スタジオを利用してプロに任せた方が得策なのです。